タブレットで株式の情報を見る男性
  • ホーム
  • 資産運用には(つみたてNISA)がおすすめなのは本当?

資産運用には(つみたてNISA)がおすすめなのは本当?

つみたてNISAとは、金融機関の口座で長期・積立投資を行い、少額から投資する方向けの非課税制度です。
非課税の対象となるのは投資によって得られる分配金や譲渡益で、投資枠は新規投資額で毎年40万円分まで、期間は最長20年です。
利用する金融機関は1年ごとに変更できます。

つみたてNISAのメリット

手元に残る金額が通常の資産運用より多くなりやすい

資産運用で得た利益が非課税となるためこのメリットがあります。
通常の投資では商品を売った際に受け取る利益や、商品の収益から投資家のもとに入ってくる分配金と配当に約20パーセントほど税金がかかりますが、この制度ではその税金が免除されます。

初心者でも投資対象を選びやすい

金融庁が設けた基準をクリアした投資信託やETFが投資対象となっているので、初めて投資を行う方も安心して投資対象を選びやすいという点です。
金融庁が認定する商品は、つみたてNISAの非課税対象となる長期的な積立投資に向いているものが多く、商品の数は少なめとなっています。
通常の投資の場合は膨大な商品のなかから自分で選ぶ必要がありますが、つみたてNISAは厳選された少数の金融商品のなかから選べるので、慣れていない方でもスムーズに投資対象が決定できます。
また少額から積み立てられるので、大きい投資は避けたいという方も安心して始めやすいです。

非課税の期間が20年と長い

年間40万円の投資金額が20年続くと、最大投資金額は合計800万円になります。
これまでのNISAの場合は投資ができる期間は5年間までで、非課税となる金額は年間120万円だったので、最大投資金額は600万円となり、投資総額はつみたてNISAの方が多くなりやすいです。

つみたてNISAのデメリット

損益通算ができない
一般的に証券口座を複数所持し投資を行っている場合は、特定の口座で出た損失を他の口座で得た利益により相殺し、税金の負担を軽くすることができます。
しかしこの制度では損益通算ができないため、他の証券口座の利益を相殺できず、そのまま課税されます。
繰越控除が適用できない
通常の投資では確定申告すると損失を繰り越し、翌年以降に発生する利益と相殺する繰越控除が利用できますが、この制度では利用不可能となっています。

つみたてNISAを始めるには口座を開設!

つみたてNISAは金融機関で専用の口座を開設すると始められます。
つみたてNISAを取り扱う金融機関は複数ありますが、開設できるのは1人1個のみです。
証券会社で開設を申し込む時は金融機関のホームページ内にある専用ページにアクセスします。
新規に開く時は、証券総合口座とつみたてNISA専用口座を開設し、特定か一般のどちらかを選びます。
つみたてNISAは非課税なため、どちらを選んでも確定申告をする必要はありません。
配当金の受け取り方はETFの分配金が非課税になる株式数比例配分方式や、郵便局で現金を受け取れる配当金受領証方式などがあります。
申し込み時に必要になるものは、免許証など本人確認ができる書類や、マイナンバーカードのようなマイナンバーが確認できる書類などです。
証券総合口座が開設済みの場合は専用口座のみ開設します。
この場合はサイトから申し込みますが、マイナンバーが確認できる書類の提出が必要になることもあります。
これまでのNISAからこちらの制度に移行する場合で、マイナンバーが提出済みの方は切替依頼を行います。
2017年9月末までにマイナンバーを未提出で移行する時は、専用口座の開設を申し込みます。
金融機関を変更し移行する時は、勘定廃止通知書を提出し開設します。
金融機関を変更する時は、元々利用していた機関に勘定廃止通知書を請求し、新しく開設する機関に開設の申し込みと一緒に提出します。
つみたてNISAは損益通算ができないため、複数の機関で投資を行っても利益と損失は相殺できず、損益通算のようなメリットはありませんが、長く積立や分散が続けられる良さがあります。
継続的な積立により利益を生みたい方や、これから投資を始める方にはおすすめな制度となっています。

関連記事